絵具屋三吉 画材通信

横浜・関内にある画材と額縁の専門店「絵具屋三吉」のブログです。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
営業カレンダー


記事のカテゴリー
記事を検索
最近の記事
<< 【画廊土瓶】『チョークアート〜土瓶展〜CAA日本チョークアーティスト協会講師、生徒による作品展示』と、チョークアート体験講座のご案内 | main | 画廊土瓶 【Dirty Dogs Walts】 花井このみ個展 『SHAME』 2012年9月3日〜8日 >>
【画廊土瓶】Dirty Dogs Walts 〜若手日本画家5名による連続個展〜
JUGEMテーマ:アート・デザイン
dirty dogs walts

絵具屋三吉3階「画廊土瓶」では、若手日本画作家5名による連続個展を開催いたします。5名は共に和光大学の日本画ゼミ出身です。伝統的な日本画の枠にとらわれない、自由で若さみなぎる表現が集います。ぜひご高覧下さいませ。

=== 会期 ===
2012年9月3日(月)〜9月8日(土) 花井このみ個展 『SHAME』 詳細はこちら
2012年9月10日(月)〜9月15日(土) 新宅謙司個展 『スリランカの牛』 詳細はこちら
2012年9月17日(月)〜9月22日(土) 石田直子個展 『waiting room』 詳細はこちら
2012年9月24日(月)〜9月29日(土) 堀切朋子個展 『うちがわより』  詳細はこちら
2012年10月1日(月)〜10月6日(土) 吉竹昌子個展 『吉竹昌子展』 詳細はこちら

5人の大学時代の恩師である山本直彰先生より展覧会によせて
日本画の接着剤として数百年の王道を歩んできた「膠」の歴史に、楔を打ち込んだのが「アートグルー」だった。そもそも伝統とはその継承だけで続いたものではない。その継承に断絶という抗いがあってこそ伝統の本質を際立たせてきたのだ。アートグルーという接着剤は新たな伝統である。今回、絵具屋三吉さんのご厚意により連続展を開かせていただくことになった。ここに登場する5人の画家たちは、和光大学芸術学科(日本画ゼミ)の卒業生である。学部中彼らは共通してアートグルー体験から出発している。その後アートグルーを使うもの、それぞれが独自の表現様式を創り出そうと切磋琢磨してきた。この連続展の総タイトルとなった「ダーティ・ドッグス・ワルツ」は、名曲「テネシー・ワルツ」の別名である。彼らが奏でるワルツが原始への望郷、未来への遠吠えとなって響きわたることを、そして画家としての旅立ちの契機となることを願ってやまない。 山本直彰(和光大学兼任講師・武蔵野美術大学教授)

| 絵具屋三吉 | 画廊土瓶 | - | - |