絵具屋三吉 画材通信

横浜・関内にある画材と額縁の専門店「絵具屋三吉」のブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
営業カレンダー


記事のカテゴリー
記事を検索
最近の記事
山馬 唐刷毛(限定品)のご紹介

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

絵具屋三吉ネットショップでは、清晨堂の山馬唐刷毛を枚数限定で販売中です。この山馬唐刷毛は、大変貴重な山馬(サンバー)の毛だけで仕立てた唐刷毛です。現在では、ワシントン条約の対象動物として山馬の捕獲が禁止されており、毛も入手できなくなっています。今回ご紹介いたします清晨堂の山馬唐刷毛は、ワシントン条約の対象になる前に確保された貴重な山馬毛を使用いたしました。

 

 

山馬は、中国南部、東南アジアに生息する鹿科の一種で、 その毛は硬く、ところどころ節だってうねりがあります。 この硬さと形状が、絵具をぼかすための唐刷毛として大変都合が良く、 日本画では長年愛用されてきました。
山馬毛は、毛の内部が空洞で脆く、途中で折れたり切れたりしやすいため、 刷毛に仕立てられる長さの毛は、貴重な山馬毛の中でもより一層貴重なものとなっています。
 

山馬唐刷毛(1寸5分) 清晨堂製

http://www.sankichi.com/SHOP/02-00191.html

| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
雨畑石からうまれた岩絵具

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

硯で有名な雨畑。その雨畑石を粉砕・精製して岩絵具に仕上げました。

マットで落ち着きのある暗灰色の岩絵具です。

粒子は12~白番程度になります。

 

雨畑鼠 あめはたねずみ (天然岩絵具) 極細目

http://www.sankichi.com/SHOP/01-00905.html

 

 

| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
スタッフ木下のうちわ作品
スタッフ木下が描いたうちわ作品です。

純金泥、純銀泥、薫銀泥、墨で描いています。
幽玄な雰囲気の中にも、現代的なセンスが感じられるのは若いスタッフならではでしょうか。





裏にも描いています。お洒落ですね。




JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
スタッフ湯田のうちわ作品
中村さんに続いて、本日は湯田さんのうちわ作品の紹介です。

湯田さんの愛猫ゴンちゃんをモデルに描いたそうです。
水彩色鉛筆を使って、緻密に描いています。
優しい色使いで描かれた、こころ和む一枚です。


裏側にもコミカルなワンシーンが描かれていて凝っています。


瓢型のうちわの形を生かした一枚です。
こちらはインクで描いたそうですが、インクの透明感が涼しげです。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
スタッフ中村のうちわ作品
スタッフ中村のうちわ作品です。
主に水彩絵具を使って描いています。

3枚それぞれ違った作風で制作してくれました。
どれも中村さんらしい丁寧な描写力が光ります。

涼しげな華やかさを感じさせる繊細な一枚。


可愛らしく優しい雰囲気の一枚。


浴衣に合いそうな素敵な模様を描いた一枚。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
篆刻印材のご紹介
篆刻用の印材、道具類も販売しております。
石は、青田、寿山、巴林の3種類。サイズは、9mm~25mm角までご用意しています。
天然石ですので、ひとつひとつに異なった表情があり、選ぶのも楽しくなります。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
扇子の額装
扇子の額装も承っております。
写真の額装例ですと、ご自身での扇子の入替えが容易な仕立てになっています。
縁のデザイン、マットなどいろいろな組合せが可能です。



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
ホルベインの新しいアクリル絵具「アクリリックカラー」の販売開始しました
JUGEMテーマ:アート・デザイン
ホルベインアクリリックカラー

ホルベインのアクリル絵具「アクリラ」がリニューアル!「アクリリックカラー」という名前で、装いも新たにパワーアップして生まれ変わりました。
高品質の顔料と最新の技術の組み合わせにより、品質は向上しながらも、価格は抑えたアクリル絵具となっております。
▼ホルベイン アクリリックカラー
http://www.sankichi.com/SHOP/74280/74281/list.html
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
天然岩絵具を混色した『合鼠(あいねず)』シリーズ
天然岩絵具 合鼠


天然岩絵具を何色か混色して生まれた新しい天然岩絵具シリーズ『合鼠(あいねず)』全6色が入荷いたしました。天然岩絵具が混ざり合うことで生まれる、落ち着きのある淡く渋い色のハーモニーが魅力です。粒子は全て白番です。

▼ 天然岩絵具 合鼠
http://www.sankichi.com/hpgen/HPB/entries/23.html
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
白抜きならぬ、「色抜き」をしてみました
白抜き一発液濃縮水性顔料で色付けしたらどうなるか。。。

下の写真は、「濃縮水性顔料」の赤で色付けした「白抜き一発液」で線描きした紙に、裏から、表から、両面から、それぞれ彩色したものです。(制作:2階スタッフの天内さん)

色抜き見本

赤く色を付けた「白抜き一発液」を塗布した部分は、しっかりと赤く色抜きできました。そして、彩色を表からするか裏からするかで、色の奥行きが異なった表現になりました。

【 制作手順 】
1.(A,B,C共通)「白抜き一発液」に「濃縮水性顔料」の赤で着色したもので、色抜きしたい模様を生の紙に描きます。ドライヤーで良く乾かします。
2.レジンドーサに「濃縮水性顔料」で着色して、色ドーサを作ります。今回は、黄、若葉、群青、茶の色ドーサを作りました。
A:色ドーサを表から塗る。
B:色ドーサを裏から塗る。
C:黄色の色ドーサを表から塗って、ドライヤーで良く乾かした後、他の色を裏から塗る。


Aは、色抜き部分と色ドーサで彩色した部分が、色が重なっていくような表現になりました。
Bは、色抜き部分がに、色ドーサがの色が入っていかないので、Aに比べると色抜き部分が前に出て、色ドーサ部分が奥にいく表現になりました。
Cは、色抜き部分と、表から塗った黄色の色ドーサが前に出て、裏から塗った色ドーサ部分が奥にいく表現になりました。


組み合わせ次第で、かなり複雑な表現ができそうです。
色ドーサで彩色しているので、改めてドーサを引かなくても、この上から描けるのもポイントだと思います。


濃縮水性顔料、白抜き一発液、レジンドーサ、生の和紙、日本画材料は、下記の店舗にてお求めいただけます。

【絵具屋三吉】
 〒231-0032神奈川県横浜市中区不老町1-4-12 最寄駅:JR関内駅南口
 10:00〜19:00 祝日:10:00〜18:00 日曜・年末年始
 TEL:045(641)9318 FAX:045(664)3786 http://www.sankichi.com

【絵具屋三吉Yahoo!店】
 http://store.yahoo.co.jp/sankichi/

【ウエマツ】
 〒150-0002渋谷区渋谷2-20-8  JR渋谷駅東口 宮益坂下りそな銀行となり
 10:00〜19:00 祝日:11:00〜18:00 日曜・年末年始
 TEL:03-3400-5556 FAX:03-3400-5554

*送料や決済方法は、店舗により異なります。あらかじめご了承下さい。



☆人気ランキング参加中☆ よろしかったらクリックお願いします◎
にほんブログ村 美術ブログへ  人気ブログランキング
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
<new | top | old>