絵具屋三吉 画材通信

横浜・関内にある画材と額縁の専門店「絵具屋三吉」のブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
営業カレンダー


記事のカテゴリー
記事を検索
最近の記事
水干絵具<基本色セット><補助色セット>発売

 

水干絵具セットを新しい色組で発売いたしました。

水干絵具らしい鮮やかな色合いを集めた基本色セットと、落ち着いた色合いの補助色セットの2種類です。

 

絵具屋三吉の店頭とネットショップで販売中です。

 

 

水干絵具 【基本色】12色セット

http://www.sankichi.com/SHOP/12-28500.html

 

 

 

水干絵具 【補助色】12色セット

http://www.sankichi.com/SHOP/12-28501.html

| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |
日本画の筆・刷毛「清晨堂」さんが富山大学で筆の特別授業を開催
清晨堂さん富山大学講義記事
絵具屋三吉とウエマツが正規販売店として取り扱いをしております日本画筆の「清晨堂(せいしんどう)」さんが、2010年10月5日に、富山大学で日本画の筆・刷毛の特別授業を行いました。関東では、東京芸術大学、女子美術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学など有名美術大学にて毎年講義をされていらっしゃいますが、今回はじめて富山大学で講義を行いました。
富山の新聞社も取材に来たということで、清晨堂さんに新聞記事を送って頂きました。清晨堂さんいわく、みなさんとても熱心で盛り上がったとのことでした。関東以外にも、清晨堂さんの筆・刷毛の良さがお届けできるよう、当店もがんばっていきたいです。

上:北日本新聞(2010年10月6日) 下:富山新聞(2010年10月6日)

清晨堂さん富山大学講義記事


清晨堂の筆と刷毛は、絵具屋三吉と渋谷ウエマツの他、絵具屋三吉ネットショップでも販売しております。
日本画の筆と刷毛の商品一覧はこちらから
| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |
『森千景先生のアイデア絵手紙展』に行ってきました
絵手紙作家の森千景先生の個展に行ってきました。9月に出版されたばかりの『アイデア絵手紙12ヶ月』に掲載された立体的な絵手紙作品を中心に、三彩紙やAGカラメルを使った大作も展示されていて、森先生の表現の幅の広さに圧倒される展覧会でした。

森千景先生個展
龍を描いた大作は必見です!


森千景のアイデア絵手紙展
会場:大崎ウェストギャラリー TEL:03-3490-4177 
日時:2010年9月16日〜21日 10:30〜17:30
入場無料

森先生の新刊『アイデア絵手紙12ヶ月』をはじめ、先生ご愛用の「AGカラメル」「三彩紙」「連はがき」等は、当店ネットショップでもご注文いただけます!

絵具屋三吉ネットショップhttp://www.sankichi.com
| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |
『木の花会 筆遊びのいろいろ展』
木の花会 筆遊びのいろいろ展


絵手紙作家 森千景先生が主宰されている絵手紙教室「木の花会」さんの展覧会におじゃましてきました。

木の花会 筆遊びのいろいろ展


絵手紙というと、はがきに描くものと思われるかもしれませんが、森先生のユニークかつセンス抜群のアイデアで、作品世界はハガキという枠を超えてどんどん広がっています。

木の花会 筆遊びのいろいろ展


たくさんの生徒さんの作品が一同に介した展覧会。その会場のレイアウトも、森先生のアイデアでとても楽しく飽きさせない工夫満載でした。

木の花会 筆遊びのいろいろ展


今回の展覧会で、目を引くのが三彩紙AGカラメルで描いた千手観音です。ぜひ会場で見て頂きたい迫力満点の作品です。
その周りを、生徒さんが描いた仏像作品が取り囲んで、重厚な雰囲気に見とれてしまいました。

木の花会 筆遊びのいろいろ展


日時:2010.2.24(水)〜3.1(月) AM10:00〜PM6:00(最終日PM5:00)
場所:浦安市民プラザウエーブ101

▼森千景先生ホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/pipeterpan/

会場風景をさらにご覧になりたい方はこちら
続きを読む >>
| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |
「はじめての篆刻」☆体験レポート☆
先日、当店3Fの画廊土瓶にて行われました講習会「はじめての篆刻(てんこく)」
私、2F画材売場スタッフ江崎ピピピも取材がてら参加させて頂きました!

小林早容子先生
今回講師をして頂いた毎日展審査会員の小林早容子先生。

先生が仰るには、現在日本画家など作家の方々は、落款印を自分で彫るのではなく
篆刻家の方に依頼して作る方が多いようですが
本来は自分の作品には自刻の印を捺すのが理想的なのだそうです。
夏目漱石など、明治時代くらいまでの文人読書にとって、篆刻はひとつのたしなみであり、
かつては自分の作品(詩・書・画)に、自刻の落款を捺すのはごく自然なことだったとか。

絵を描くからには、一つは自分で彫った印を持っていたいもの…
というわけで、私も実際に彫ってみました。

続きを読む >>
| gazai | アートな話題 | - | - |
日経新聞の文化欄に掲載されました
消えた白色 秘伝ひもとく

絵具屋三吉・ウエマツの代表である上田邦介の記事が、
2006/3/1付の日経新聞朝刊の文化欄に掲載されています。

記事のタイトルは

『消えた白色 秘伝ひもとく―江戸前期に日本画に使われた材料を調査』

です。

ご一読いただければと思います。



【絵具屋三吉】
 〒231-0032神奈川県横浜市中区不老町1-4-12 最寄駅:JR関内駅南口
 10:00〜19:00 祝日:10:00〜18:00 日曜・年末年始
 TEL:045(641)9318 FAX:045(664)3786 http://www.sankichi.com

【絵具屋三吉Yahoo!店】
 http://store.yahoo.co.jp/sankichi/

【ウエマツ】
 〒150-0002渋谷区渋谷2-20-8  JR渋谷駅東口 宮益坂下りそな銀行となり
 10:00〜19:00 祝日:11:00〜18:00 日曜・年末年始
 TEL:03-3400-5556 FAX:03-3400-5554

*送料や決済方法は、店舗により異なります。あらかじめご了承下さい。



☆人気ランキング参加中☆ よろしかったらクリックお願いします◎
にほんブログ村 美術ブログへ  人気ブログランキング
| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |