絵具屋三吉 画材通信

横浜・関内にある画材と額縁の専門店「絵具屋三吉」のブログです。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
営業カレンダー



記事のカテゴリー
記事を検索
最近の記事
【オンラインストア限定】書画用うちわ・扇子 早期割引キャンペーン(2020年5月31日まで)
ご購入ページはコチラ

いよいよ夏を感じる季節になってまりました。家の中でも日当たりのいい部屋ですと、エアコンのスイッチを入れたくなりますが、エコの観点からもう少し我慢をしています。
こんな時だから、自宅で涼を描いてみませんか。

ご購入ページはコチラ

<★夏季限定★書画用うちわ・扇子のページはコチラ>

和小物だからといいて題材は「和」に限りません。
涼を感じる草花も素敵だしPOPなイラストも楽しくクールです。
形もいろいろありますので、四角い画面でない工夫が楽しくなりますよ。
オンラインストアでは、早期割引実施中です!


【オンラインストア限定】書画用うちわ・扇子 早期割引キャンペーン
内容:15%OFF
対象期間:2020年5月17日00:00〜2020年5月31日23:59


<★夏季限定★書画用うちわ・扇子のページはコチラ>
 

 

 

| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
通常通り営業しております

実店舗、ネットショップ共に、お客様とスタッフの安全をはかりながら、通常通り営業しております。絵を生業とされている皆様の制作が途切れることのないよう、心の拠り所として絵を描かれる方々が普段通り制作できますよう努めてまいります。

ネットショップ(https://sankichi.com)の他、お電話(TEL 045-641-9318)でも画材のご注文承っておりますので、ご用命ください。

*額装、マットのご注文は店頭のみとなります。ご容赦ください。

新型コロナウィルス対策として、スタッフのマスク着用、こまめな換気、カウンターや買物かごの除菌を行っております。 額縁・マットの承りは御予約のお客様優先で、一度に一組様ずつとさせて頂いております。額装・マットでのご来店の際は、あらかじめお電話でご予約いただけますと幸いです。また、恐れ入りますがマスクのご着用等、ご協力のほどお願い申し上げます。

| 絵具屋三吉 | お知らせ | - | - |
額縁のインスタグラムはじめました

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

額縁のインスタグラムを始めました。額装例などご紹介してまいります。

フォロー頂ければ幸いです。

 

絵具屋三吉 額縁インスタグラムはこちらから

 

| 絵具屋三吉 | 額縁の話題 | - | - |
水干絵具<基本色セット><補助色セット>発売

 

水干絵具セットを新しい色組で発売いたしました。

水干絵具らしい鮮やかな色合いを集めた基本色セットと、落ち着いた色合いの補助色セットの2種類です。

 

絵具屋三吉の店頭とネットショップで販売中です。

 

 

水干絵具 【基本色】12色セット

http://www.sankichi.com/SHOP/12-28500.html

 

 

 

水干絵具 【補助色】12色セット

http://www.sankichi.com/SHOP/12-28501.html

| 絵具屋三吉 | アートな話題 | - | - |
定休日変更のご案内

2017年10月1日より、毎週日曜月曜定休日とさせていただきます。

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 

 

 

| 絵具屋三吉 | お知らせ | - | - |
コーナーサンプルの種類がさらにさらに増えました!

額縁のコーナーサンプルが一気に増えました!あらたに壁一面分の量が追加されて、約1500種類のサンプルをご用意しております。シンプルなもの、華やかなもの、豊富なデザインから作品にあった額装をご提案いたします。

 

 

| 絵具屋三吉 | 額縁の話題 | - | - |
雨畑石からうまれた岩絵具

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

硯で有名な雨畑。その雨畑石を粉砕・精製して岩絵具に仕上げました。

マットで落ち着きのある暗灰色の岩絵具です。

粒子は12~白番程度になります。

 

雨畑鼠 あめはたねずみ (天然岩絵具) 極細目

http://www.sankichi.com/SHOP/01-00905.html

 

 

| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
スタッフ木下のうちわ作品
スタッフ木下が描いたうちわ作品です。

純金泥、純銀泥、薫銀泥、墨で描いています。
幽玄な雰囲気の中にも、現代的なセンスが感じられるのは若いスタッフならではでしょうか。





裏にも描いています。お洒落ですね。




JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 絵具屋三吉 | 画材の話題 | - | - |
<new | top | old>